人脈

顔の広さ

08ea7c90ca1f7706c1cc25210de5cc7c_s「人脈」に大人のステータスを感じるということ。
車や時計といった物品的なものよりもかなりあいまいなものですが、実は一番格式を感じるものかもしれません。
しかし、そうして感じる優越感が、に自分が伴っているかということも非常に重要になってきますよね。
人脈で優越感を感じるということは、充実している反面、ある程度のリスクを伴うものであるということが言えると思います。

大人のステータスにつながる人脈となると、ある程度大きな企業の社長と知り合いであるとか、ちょっと著名な芸能人と知り合いであるといったことが挙げられます。
最近は若い方で企業をされる方も増えてきています。
株式会社にするにも資金繰りの必要がなくなったこともあり、ただ社長の知り合いがいるというだけでは、あまり周りに「おっ」と思われるようなステータスにはならないようです。

しかも「大人」の優越感を感じなければならないのですから、やっぱりちょっと名前を聞いたことがある企業だったり、一度はテレビで見たことがある女優さん、俳優さんだったりという知名度の高さは必須でしょう。
ただし、素晴らしい人脈を持っていても、自分がそれに伴っていないと、
周りは認めてくれないという厳しい一面もあります。

「俺は◯◯社の社長と知り合いなんだ」といっても、自分がまったくそれに伴っていなければ、嘘だと思われてしまうかもしれません。
仮に本当だと証明できても、「だから?」と言われてしまうのがオチとなります。
「◯◯さんだから、こうした素晴らしい人脈にめぐり逢えるんだな」と思わせるような人でなければなりません。

周りの関わりへ

また、人脈を自慢するだけではあまり意味がなかったりもします。
「俺は芸能人の◯◯さんと知り合いだから、彼が出る舞台のチケットとかは優先的にとってあげられるよ」といった、周りにプラスアルファの何かを与えてあげられると、周りからこの人はすごいかもという印象で見てもらえるでしょう。

車や時計であれば、自分がそれを持っていることで自己満足できます。
しかし人脈というのは、自分だけで満足するのではなく、周りからそれについて評価されることが重要ではないでしょうか。
とはいえ、基本的に人脈というのは、その人のレベルに沿ったところから広がっていきます。
質の高い人脈をお持ちであるということは、その人自身に能力や魅力があると考えるのが自然です。

物品でも十分なステータスを得られますが、大人のステータスにふさわしい人脈を持っているということは、その人にとって優越感を感じられることはもちろんですが、かけがえのない財産です。
そして、こうした財産を持っていることに感謝できる人こそ、大人の格というのを自在に操っているといえるのだと思います。