コーチ

ニューヨーク・マンハッタン発の皮革専門店

コーチ(COACH)といえばやはり最も有名なのは皮革を使ったバッグでしょう。
コーチは1941年にアメリカはニューヨーク・マンハッタンで誕生した家族経営の皮革製品工房としてスタートした会社です。
創始者はマイルス・カーンとリリアン・カーンの夫妻で、他に友人を合わせた6人で手作りの皮革製品を作ることで仕事をしていました。

事業が急激に拡大するようになったのは1961年にもとの社名「ゲイル社」を会社組織「コーチ」と変更したことで、以来現在に至るまでファッションブランドとして世界的な知名度を得るに至っています。
なぜ「コーチ」という名称になったのかということについては正式な説明はないのですが、「馬車」という意味である「Coach」から来ているものと推測されています。

天然素材をつかったレザーバッグ

コーチの主力商品であるレザーバッグは、化学薬品を用いた処理をせず天然の素材を使用しているというところに大きな特徴があります。
現在もバッグひとつひとつを職人の手作りによって製作しており、「使い込むほど手になじむ」という革本来の特性を実感することができます。

現在では他のファッションメーカーと提携することにより、腕時計やサングラス、香水といった別分野の製品も「コーチ」ブランドとして販売されていますが、やはりコーチ本来の魅力を知るには本格的なレザーバッグが一番のおすすめとなります。